人気ブログランキング |


僕が歩いた旅の途中、見たまま、感じたままの綴帳です。


by kimamanaff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
鈴木寿のブログ ただの毎日
魚食の日々
the stream o...
Flyfish*ist
vwbusで行く、、、
気分は、四十路ミセスの自...
ギフの山猿「フライ日記」
River Deep、M...
鈴木寿のブログ フライ...
さすらいの釣り馬鹿
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
南の島のてげてげらいふ
四季の釣れ連れに!
豪州毛鉤釣師 
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
maple forest
ボウズの極意
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
Zo’s blog
ISO釣具店 ー近江店ー
フライキャスティング365
フライフィッシングをやっ...
FFI Casting ...
山と渓のホールで渓魚と奏ならん
Nagoya Fly-c...

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(83)
(73)
(69)
(49)
(49)
(47)
(37)
(36)
(35)
(26)
(24)
(24)
(23)
(21)
(20)
(20)
(17)
(16)
(15)
(15)

ファン

ブログパーツ

画像一覧

合宿・・

水曜日の夜から久々の社内研修に横浜方面へ行っておりました。
研修ついでにTOKYOの夜でも堪能したいところですが、普通に通常勤務を終えて研修所に到着したのは23:30・・
終電で飲みに行くわけにもいかず、なんとか日付が変わる前で良かったのですが、シャワーでも浴びてこようとしているところに最近ご無沙汰している釣友からの着信。
こんな時間に何かあったかな?と少し不安になりながら電話を取ろうとした瞬間、切れたので折り返してみると・・
「まちがえました~!」って明るい声・・
おいおい!と言いたいところですが、久しぶりの釣友からの電話にお互いの近況をしばらく話し込んでしまい日付変更線を越えることに。(笑)


その後、木金曜日は朝から夕方まで苦痛の研修をしっかり受講し、頭の中は仕事の知識でいっぱい!
しかし、帰りの新幹線でおつまみソーセージの袋を開け、缶ビールを栓をプッシュッ!とやった瞬間、頭の中は明日の浜名湖モードに見事に切り替わったのでした~(笑)


さて、今週は予てからのお約束の「浜名湖合宿2015」
静岡のSさんのお誘いで中部圏と関東圏から総勢9名の参加があり、僕もみっちり2日間浜名湖の釣りを一緒に勉強させていただきました。


車を走らせ集合時間にボート屋の駐車場へ行くと、既にみなさん乗船の準備ができています。はやっ!
みなさんにご挨拶を済ませ、船に分乗してポイントへ向かいます。
大潮の満潮位スタートなので、とても澄んだ水の色は朝の空気と相まってなんとも気持ちが良いものです。
でも、大潮ですからね~
時合が短くて、ちょっと苦手なんですね。

b0165444_952857.jpg



ポイントに到着し、面々は好きな方向に釣りを開始、時折強い雨がやってきます。
面倒くさがりの僕は、過去の経験から浜名湖の釣りで大雨に長時間遭遇したことが無いので、古い雨具を一枚だけバックに入れて持っていったのですが、これがいけませんでしたね。
永らく愛用していたディープウェーディングジャケットは、内側のコーティングが劣化して、ボロボロの状態で、雨除けどころか風さえも防ぎきれません。

b0165444_9533176.jpg



時折、指してくる日差しがこれほど恋しかったことがあったでしょうか・・(笑)
雨の日はしっかりした雨具とウェーダーが必需品ですね。
勉強になりました。

b0165444_9524632.jpg


さて、下げの潮が動き始めるといくつか魚からコンタクトが入ってきます。
大潮の下げは潮が効きはじめると川と化してしまうので、潮の動き出しの時間帯に釣っておきたいところ・・
すると後方で、横浜のO船長から「カルロスナイス!」の声
カルロスの方に目をやると、いいサイズの魚を見せてくれました。


するとすぐ横で釣っていた横浜のT松さんにも良型がヒット!
去年も目の前で魚を掛けて見せてくれたT松さん、さすがです。


そうこうしていると僕のフライにも良型からのチェイスがあり、ガッツり追い合わせを入れた瞬間、ラインがふ~っと軽くなってしまいました。(泣)
朝一からいやなムードです・・

しかし、その後10分くらいで再びフライラインをグングンと、まるで綱引きでもしているようなあたりがあり、慎重に合わせを入れると40オーバーの良型クロダイが顔を見せてくれました。

その後も少しずつ歩みを進め、かすかな水面のゆらめきの上流にフライをキャストし、わずかにドラグをかけながらリトリーブすると、クロダイからの強いあたり。
夕方までに良型を追加し、終わってみれば”つ抜け”

b0165444_1021816.jpg


オモシロかったですね~
大潮の釣りのイメージが一新です。




しかしうって変って、翌日は朝から土砂降りの本降り・・
テンションの上がらないまま合宿所を出発したのですが、駐車場に着いても「本当に釣りするの?」といいたいくらいの土砂降り・・
だれか「今日はやめましょうか?」と言ってくれないものかと内心願ってたんですけどね~
だれもやめましょうとは言い出さない強者ばかりでした。(笑)


ボートから降りたくもないんですが、降りしきる雨、雨、雨
とても幻想的な光景だったんですが、バッグからカメラを取り出すこともできず、それどころか水面をたたく雨粒のせいで足元がまったく見えず、エイを踏まないようにすり足、差し足、忍び足・・
怖かったですね~
とても釣りに集中できる状態ではなかったです。

そうこうしていると少し小雨になったタイミングでいいフラットに到着し、フライをキャストしてスローにリトリーブを開始すると、、

ゴゴッ!とフライをひったくる強烈なあたり、ラインハンドで追い合わせをいれキャッチしたのは42センチほどのクロダイ!

b0165444_10273848.jpg


潮が下げてくると、それにしたがってテーリング、引き波が相当増えてきたんですが、ほんと”ナーバス”ですよね~
ちょっとしたティペットの接触でフィールしてしまうんです。


丁度潮どまりの頃、バイトした個体はフッキングとともに強烈に走り出し、雨でかじかんだ手は微妙なリールテンションをコントロールできず、ラインにポンピングブレーキをかけてしまったものですから、ブレーキの瞬間ティペットがブチッといってしまいました。
今季、自信一番のサイズの感触だったんですが、ほんと”逃げた魚はデカかった”ですよね~(泣)
でも、まあ都合4つ釣れれば良しですね。



夕方の上げ潮時には、雨も小雨になりシーバスの群れが入ってきたので、しばしボイルを狙った釣りをみんなで楽しみ、楽しい合宿を終えたのでした~
b0165444_10554588.jpg


b0165444_10562440.jpg



また、来年も皆さんに再会できることを願ってます!

b0165444_10344032.jpg

モデル:C&T

by kimamanaff | 2015-08-31 11:14 | flyfishing | Comments(0)