僕が歩いた道の途中、見たまま、感じたままの綴帳です。


by kimamanaff

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
鈴木寿のブログ ただの毎日
魚食の日々
the stream o...
Flyfish*ist
vwbusで行く、、、
気分は、四十路ミセスの自...
ギフの山猿「フライ日記」
River Deep、M...
鈴木寿のブログ フライ...
さすらいの釣り馬鹿
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
南の島のてげてげらいふ
四季の釣れ連れに!
豪州毛鉤釣師 
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
maple forest
ボウズの極意
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
Zo’s blog
ISO釣具店 ー近江店ー
いつかの少年
フライフィッシングをやっ...
FFI Casting ...

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

タグ

(82)
(69)
(63)
(48)
(48)
(47)
(35)
(31)
(29)
(26)
(24)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(17)
(16)
(15)
(15)

ファン

ブログパーツ

画像一覧

タグ:長良川シラメ ( 48 ) タグの人気記事

晴れの日には小さなライズ・・

朝から雲ひとつ無い、ピーカンとなってしまった長良川本流、、、

釣りのテンションは少し下がり気味ではありますが、水生昆虫の流下が多いプールでは、風波の合間に小さなライズが繰り返されておりました。
曇りや雨の日に比べると、ハッチはそれほど多くはありませんが、風が止んだタイミングでパタパタとストーンが一斉に飛び立ちます。

よーく川面を観察すると、水面を流れる流下物に小さくプチプチ反応しているシラメ。
こんなライズ探しも楽しいですね!

b0165444_10314819.jpg

[PR]
by kimamanaff | 2017-05-03 23:56 | Comments(0)

プラチナ色に輝くモドリ

いよいよ世間はゴールデンウイーク。
今年は2日休めば大型連休ということもあって、遠征とばかり、海外釣行へ出かけた羨ましい友達もおりますが、なかなか遠くに足が向かない僕は、あいも変わらず近場で釣りを楽しんでます。

長良川河畔の田んぼでは代かきが始まり、時折、川に濁りが出ることもありますが、これも季節の風物詩、そろそろ田植えの季節になった事を知る指標なのです。
しかし、この時期にまだ一面のれんげ草畑。
耕作者が居ないのか、一見、いい風景ですが、農村の現実が少し見え隠れします。
b0165444_10124366.jpg


さて、そんなゴールデンウイークの長良川本流ですが、今回は久しぶりに曇天からにわか雨の予報。
気になるプールでは、朝からポツポツやってました。
前日、#16のフライパターンを見切ったシラメを、今日こそは、、、と鼻息荒く準備して来ましたが、曇天のおかげであっさりフライに反応してくれました。(笑)
b0165444_1013263.jpg


釣れたのは、いいコンディションのモドリシラメ!
長良川の宝ですね~
ピーカンの日の釣りと、こうも反応が違うとピーカンの日には釣りに来れなくなっちゃいそうです。
b0165444_10132459.jpg


よく「銀ピカ」と称されるスモルト化した個体ですが、銀と言うより、プラチナと言った方があってる様な重厚な輝きと、キュッっと引き締まったプロポーションにしばし見惚れましたね~!
b0165444_10134388.jpg


欲をいえばもう少しサイズアップしてくれると良いのですが、今年は少し季節が遅いかも?
しかし、綺麗なモドリがポツポツ釣れて楽しい一日でした~!
b0165444_1014183.jpg

[PR]
by kimamanaff | 2017-05-02 07:12 | Comments(0)

イベントの後はいつもの如く

b0165444_10453191.jpg


昨日、長良川アウトドア・イベントが無事に終わりまして、時刻は午後4時。
何故だかそわそわする時間帯。(笑)

せっかく美濃まで来たら、釣りせずには帰れませんね~!
ということで日没までの時間、イベントスタッフ一同、それぞれのポイントへ移動。
程よい時間帯だけに、ポツポツやってます。
ライズのタイミングを合わせてフライをプレゼンテーションすると、、、
いい感じで出てくれたのは、八寸ほどのシラメ。

b0165444_1046325.jpg


今日も良いシラメに逢えました~
[PR]
by kimamanaff | 2017-04-30 07:11 | Comments(0)

時を知る

“時”を知る。
時計が無いと“時”がわからない我々現代人と違って、自然は何をもって“時”を把握しているのか?

“長良川の桜が散る頃になればモドリの頃”なんて言われますが、時間を正確に把握することができる人間が、時計や暦に頼らず魚が遡上して来る“時”を知る指標として、“桜の散る頃”としているあたりは、何か理由があるのではないかと気になっておりました。

b0165444_17415547.jpg


僕が推察するには、桜の花芽は冬季からの気温上昇によって、休眠打破となり開花に至りますが、一方、マス類が遡上するスイッチは、川の流速、濁り、気圧、気象など要因は多々あるなか、その中でも流速、濁りが主たる要因とされていて、冬季からの気温上昇に伴って、徐々に降雨日数が増え、川の増水の頻度が増えるこの頃と、桜の散る頃がうまく一致しているのではないかと思うわけです。
あくまで推察ですけどね。(笑)

さて、そんな先人たちが発見した“時”を意識して、この週末も長良川へ出掛けてきました。

先週の大増水で水位が落ち着くか心配だったのですが、いい水の色、水位に戻っておりました。
ところが、日中はあいにくのドピーカン。
雲ひとつない快晴!
散発なライズは各所にありますが、ロッドを継ぐまでに至りません。
こんな時は、ライズしそうな新たな場所を探してゆる〜くポイントの探索です。

日が山に入り、川面が日陰になってから小一時間した頃から、プールではようやくポツポツと始まります。

まだ完全に落ちきれない水位ではありますが、25ヤードほど先のヨレの中にアダルトを捕食する飛沫が良い頻度で起こります。
ライズの位置とタイミングを見計らい、フライをプレゼンテーションすると、シュッ!とフライを吸い込んだのは、お腹をパンパンに膨らませた体高のあるモドリシラメ。
b0165444_10562273.jpg



増水の濁流をのぼってきた、たくましいプロポーションです!
b0165444_10571579.jpg


解禁から2ヶ月でたくましい姿に変わった完璧なプロポーションに、しばし見惚れてそっとリリース。
久々にリールから心地よい逆回転音が響きましたね。

帰りは美並で人気の中華料理店「しょうりゅう」で牛すじ煮込み丼ぶりを頂いて、満腹!
b0165444_10593455.jpg



これから毎週のように繰り返される増水、減水のサイクルのなか、先人の言葉を少し意識してライズする場所を読むのも楽しみのひとつですね〜!










[PR]
by kimamanaff | 2017-04-24 07:13 | Comments(0)

野生化したシラメにドキドキ

重度の花粉症になってから早いもので20年・・
ここ数年はそんなにきつくは無いんですが、温暖になってくるとやっぱり多少、鼻はシュクシュク、目はむずがゆくなってきます。
マスクをして釣りをすればいいんですけど、ライズを目の前にするとさすがに鼻息で偏光レンズが曇って釣りになりませんからね~(笑)
そんな花粉の飛散も終盤の土曜日、長良川へ出かけてきました。

b0165444_9414495.jpg


長良川の河畔に咲く早咲きの桜も、雨露に濡れて、美しさひとしお・・
草花の色に春の訪れを感じずにはいられません。

下流域から順にのぼっていくと、ここはという場所でやっぱりポツポツやってます。
群れでプールを行ったり来たりのクルージングを繰り返しているのですが、フライでは到底届かなかったり、バックが取れなかったりと、まあ、いいポジションで優雅なものです。
嬉しいような、悔しいような複雑な心境ですね~。(笑)

b0165444_942556.jpg


そんななか、ギリギリ届きそうかな?と思われるところにライズを発見!
水面を流れるスペントをイメージしたパターンに反応してくれたのは、ワイルドな一尾。
体高もあって精悍な顔立ちです。

b0165444_9422524.jpg


週ごとにハッチの様子も変化があって、捕食対象物をしっかり見分けることもライズゲームのカギになりますね。
兎角、ひときわ目立つハッチに騙されそうになるのですが、ライズフォームからの情報で捕食対象を絞ることが、正解の確率が高いですね。
これもライズゲームの楽しさのひとつじゃないでしょうか。

b0165444_943083.jpg


水際に漂う大量にシャック。
季節が進んでいる指標です。

b0165444_944139.jpg


朝夕、二回の大きなハッチに誘われて始まったライズは、夕方いったんは沈黙したものの、日没直前から降り出した雨は魚の警戒心を緩めたようで、再び、雨粒の合間にライズの飛沫。
おかげでいくつかコンディションの良いシラメが釣れて、この季節を楽しむことができました。

b0165444_9432961.jpg


しかし、今季新調したシングルハンドスペイラインは、抜群の性能を発揮してくれました。
届くかな?と思ったライズにいとも簡単にアプローチできますし、ドラグがかかりにくいメリットがあります。
実際、今回初めて実釣で試してみて、目からうろこでしたね。
益々、これからの季節が楽しみになってきました。
[PR]
by kimamanaff | 2017-04-02 10:22 | flyfishing | Comments(0)

春の流れにモゾモゾ

全国の河川解禁から羨ましい様な情報が飛び込んでくるなか、長良川シラメはどこのポイントも静まり返っていますね~
でも、だからと言って釣りに行かないわけにはいかないのです。
なにせ、川の流れをぼんやり見て、虫のハッチを目で追っているだけでも、何が起こるんじゃ無いかとワクワクしちゃいますからね。

b0165444_2228997.jpg


この時期、週ごとに変化するハッチ、そろそろ長良川にもオオクマ、ナミヒラタ類の大型メイフライのハッチが見られ、季節のうつろひを感じずにはいられません。

b0165444_22282349.jpg


いいモドリを育てる栄養素が流れてるなぁ~、な~んて思いながら川面を眺めているのも、これまた楽しいものです。
そんな週末、閑散とする長良川へ釣り欲満々で出かけて来ました。(笑)

b0165444_22283524.jpg


午前11時頃からハッチが始まり、やや強い上流からの風に波立つ水面には、ライズの飛沫があがります。
どうやら大型フライに反応している様子。
#14のフライをティペットに結び、ライズのレーンにフライを送り込むと、シュポッ!とフライは吸い込まれました。

b0165444_22285457.jpg


ランディングしたあと、土手を振り返ると5台のギャリー、ちょっと視線が痛いですね〜!
何処のポイントも状況が良く無いということでしょうか。
次がやりづらいんですけど〜(笑)


時間の経過と共に、どんどん変化するハッチ。
今度は黒いストーンが主体で流下し始めます。
この時期にこんなにありとあらゆるサイズのフライがハッチすると思っていなかったのですが、たまたま遠出用のフライがベストに入っていたので、フライを#18の黒いものにチェンジしてすぐにフライに反応したのは朱点の多い個体。

b0165444_2229639.jpg


大型のフライに反応するようになるとライズの釣りは益々楽しくなっていきます。
ライズの釣りはこれだからやめられないのです。
そろそろモドリの期待も膨らみますね~
b0165444_22304139.jpg



[PR]
by kimamanaff | 2017-03-16 12:53 | flyfishing | Comments(0)

凛と冷えきった空気のなか・・

2/15に郡上漁協エリアが解禁してから最初の土曜日、凛と冷えきった空気のなか、郡上エリアに行ってきました。
あまり良い情報が聞こえて来ない郡上エリアですが、例年、実績のあるプールを覗きつつ、川を遡上してゆきます。
b0165444_941197.jpg



気温はまだ氷点下。
水たまりには、氷が張っていて、ライズどころか虫の姿も確認できません。
車から降りるとすぐにウエアは冷え切り、5分と外で観察できなかったですね〜

しかし、日が昇り気温の上昇とともに、徐々にチラホラとハッチを始める大小のユスリカやカワゲラ類。
ようやく流れのなかにポツリ、ポツリとライズが始まり、川面も徐々に賑やかになって行きます。
b0165444_944833.jpg


ライズ上流へ着水させると、フライに反応するのですが、なんとティペットブレイク・・
いい形で出たのに少し様子が変です。

ティペットは9x、解禁直後のシラメで切れることは、まず無いのですが、この後も3回続けてティペットブレイク。
どうもおかしな〜?って思っていたのですが、その原因がわかりました。
4度目のフッキングで、ようやく手にしたシラメは、なんとも大きいでは無いですか〜⁉︎
モドリかと思ってしまうほどの良型25センチ。

後で聞いた話ですが、郡上漁協が今年は丸々と太ったシラメを放流したようで、どおりで切れる訳です。
例年の感じでドラグ調整、ティペットサイズを選択してましたからね〜
b0165444_951215.jpg


今度はドラグを緩めて行かなきゃですね〜(笑)
[PR]
by kimamanaff | 2017-02-20 07:13 | Comments(0)

Single Hand Spey

RIO初のシングルハンドスペイラインのIn Touch Single Hand Spyを装備!
ロールキャストやスペイキャストのみならず、オーバーヘッドキャストも簡単にディスタンスを稼げるので、バックに障害物があるあんな場所のライズにもスパッ!とフライを届けられそうです。
スペイラインでありながら、オーバーヘッド、シューティングヘッドの機能も備えた、一石三鳥ラインと言っても良い感じですね!
早くフィールドで試してみたいものです。

b0165444_10123797.jpg

[PR]
by kimamanaff | 2017-02-11 10:13 | flyfishing | Comments(0)

長良川のシラメはヒニヒニ、スレッスレ!

2月も中旬となれば、ソロソロ花粉の飛散が気になるところですが、以前は重度の花粉症だったのに、ここ数年花粉症の症状が出ていません。
老化現象は、花粉症を和らげるんでしょうかね?(笑)
そんな事が気になるプレミアムな金曜日に、長良川に出かけて来ました。

b0165444_22441351.jpg


今年はプレミアムフライデーというのが、官民連携運動として取り組まれる事になったようで、月末の金曜日は午後休みを取って、趣味を楽しみましょう!という事のようですが、月末って、忙しい時期なので、月頭の方が取りやすいのでは無いかと思ったりしますね。

b0165444_22443488.jpg


そんな事で、月末の休みを先取りです!(笑)

先週末は、良いライズに遭遇しましたが、今週の長良川の様子といえば、解禁から入れ替わり、立ち代わりでフライやラインを見せられたシラメ達は、日に日に、スレッスレで、相当手強くなっているようです。
釣り人の手の届かないところで、優雅にライズしてらっしゃいます〜(泣)

こうなるとソロソロ、郡上エリアの解禁が待ち遠しくなっちゃいますね!

b0165444_2245078.jpg







[PR]
by kimamanaff | 2017-02-10 22:45 | flyfishing | Comments(0)

ポツポツ雨の長良川!

解禁初日に行けなかった憂さ晴らしではありませんが、翌日の5日も長良川へ!
解禁初日よりも、少し時間が経ったあたりがシラメが水に馴染み、良くライズするみたいですね。

長良川は朝から小雨模様。
パラパラ降り注ぐ雨に、シラメのプレッシャーも緩んだのか、プールではポツポツとライズしています。

b0165444_2251775.jpg


10時を回ったあたりから雨粒が徐々に大きくなり、フライを交換するのももどかしい。
ティペットは表面張力で手に張り付き、冷たくなった指先は結びの細糸を上手く掴めない。

b0165444_22513454.jpg


雨は時間の経過とともに更に強くなり、お昼で一旦終了し、昼食タイム。
昼からいつものニュー柳屋でお腹いっぱいになり、さて、河原で昼寝でも、、、と思い川原に行ってみると、雨は小雨になり、またパラパラとライズリングが広がっているではないですか〜
スクールになってライズしている上流にフライを送ると、良いシラメが反応してくれました。

b0165444_2252184.jpg


今日もいくつか釣ることができて、ミッジングゲームを楽しむことができました!
いや〜、今年は益々長良川の状況から目が離せませんね〜








[PR]
by kimamanaff | 2017-02-09 07:28 | flyfishing | Comments(0)