僕が歩いた道の途中、見たまま、感じたままの綴帳です。


by kimamanaff

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
鈴木寿のブログ ただの毎日
魚食の日々
the stream o...
Flyfish*ist
vwbusで行く、、、
気分は、四十路ミセスの自...
ギフの山猿「フライ日記」
River Deep、M...
鈴木寿のブログ フライ...
さすらいの釣り馬鹿
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
南の島のてげてげらいふ
四季の釣れ連れに!
豪州毛鉤釣師 
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
maple forest
ボウズの極意
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
Zo’s blog
いつかの少年
フライフィッシングをやっ...
FFI Casting ...

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

タグ

(80)
(69)
(61)
(48)
(48)
(47)
(35)
(31)
(28)
(26)
(24)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(17)
(16)
(15)
(15)

ファン

ブログパーツ

画像一覧

早咲き桜の川へ

3月になると、各地の渓流が解禁になり、ネット上では、『祝解禁!』のメッセージが飛び交うなか、悶々と仕事をこなす毎日…(笑)

やっぱり、3月になると気温も上がって来て、いよいよ春らしくなってきた感じですね〜
そんな3月初めの週末、早咲き桜の咲く川へ行ってきました。
b0165444_9172688.jpg


もう、桜は散り始め。
桜の花は、その儚さゆえに人を魅了するのでしょうね。
散り際も美しいものです。
なーんて、のんびり花見をしながらの釣行の様ですが、実はどこにもライズが無いんです…。(泣)
それでも、はやる気持ちを抑えて、各ポイントを見て回ると、風でざわめく水面に僅かなディンプルライズ。


よ〜く目を凝らさないと見えないくらいの、極々小さなライズ。
フライを徐々にサイズダウンして、ようやく#26のユスリカアダルトに反応したのは、“ピッカピカの泣き尺”
b0165444_9174799.jpg


聞くと、今年はライズが全く無いんだとか…
でも、「昨日は良かったんだよね〜!」
って・・・
b0165444_918129.jpg



ホントにぃ〜⁉︎(笑)

b0165444_9185016.jpg

[PR]
# by kimamanaff | 2017-03-06 07:26 | Comments(0)

長良川解禁レポート

FlyFisher4月号に『長良川解禁レポート』が掲載されました。

少しでも多くの皆さんに、長良川ミッジングの魅力を伝える事ができたら良いのですが・・・

b0165444_07285242.jpg


b0165444_07285384.jpg








[PR]
# by kimamanaff | 2017-03-01 07:26 | Comments(0)

凛と冷えきった空気のなか・・

2/15に郡上漁協エリアが解禁してから最初の土曜日、凛と冷えきった空気のなか、郡上エリアに行ってきました。
あまり良い情報が聞こえて来ない郡上エリアですが、例年、実績のあるプールを覗きつつ、川を遡上してゆきます。
b0165444_941197.jpg



気温はまだ氷点下。
水たまりには、氷が張っていて、ライズどころか虫の姿も確認できません。
車から降りるとすぐにウエアは冷え切り、5分と外で観察できなかったですね〜

しかし、日が昇り気温の上昇とともに、徐々にチラホラとハッチを始める大小のユスリカやカワゲラ類。
ようやく流れのなかにポツリ、ポツリとライズが始まり、川面も徐々に賑やかになって行きます。
b0165444_944833.jpg


ライズ上流へ着水させると、フライに反応するのですが、なんとティペットブレイク・・
いい形で出たのに少し様子が変です。

ティペットは9x、解禁直後のシラメで切れることは、まず無いのですが、この後も3回続けてティペットブレイク。
どうもおかしな〜?って思っていたのですが、その原因がわかりました。
4度目のフッキングで、ようやく手にしたシラメは、なんとも大きいでは無いですか〜⁉︎
モドリかと思ってしまうほどの良型25センチ。

後で聞いた話ですが、郡上漁協が今年は丸々と太ったシラメを放流したようで、どおりで切れる訳です。
例年の感じでドラグ調整、ティペットサイズを選択してましたからね〜
b0165444_951215.jpg


今度はドラグを緩めて行かなきゃですね〜(笑)
[PR]
# by kimamanaff | 2017-02-20 07:13 | Comments(0)