僕が歩いた道の途中、見たまま、感じたままの綴帳です。


by kimamanaff

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
鈴木寿のブログ ただの毎日
魚食の日々
the stream o...
Flyfish*ist
vwbusで行く、、、
気分は、四十路ミセスの自...
ギフの山猿「フライ日記」
River Deep、M...
鈴木寿のブログ フライ...
さすらいの釣り馬鹿
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
南の島のてげてげらいふ
四季の釣れ連れに!
豪州毛鉤釣師 
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
maple forest
ボウズの極意
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
Zo’s blog
ISO釣具店 ー近江店ー
いつかの少年
フライフィッシングをやっ...
FFI Casting ...

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

(82)
(70)
(63)
(48)
(48)
(47)
(35)
(31)
(29)
(26)
(24)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(17)
(16)
(15)
(15)

ファン

ブログパーツ

画像一覧

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ドッカーーーン!と来た..

以前から気になっていたポイントに夜釣りに出かけてみた。

この場所は、浜名湖※〇□△近くのマリーナで、40センチはあろうかと思われるクロダイを浅瀬で目撃した場所。

夜ならチャンスがあるかも知れないと思い、上げ潮の時間帯に狙ってみることにした。

夜の海はおだやかで、潮風が心地いい。

湖面に映る遊園地の明かりが、ゆらゆら揺れてとても綺麗。

この状況なら、広く探っているうちに”ドッカン!”と来そうな気配を感じる・・・

今か今かと思いながら、キャスト&リトリーブを繰り返す。

整備された護岸からの釣りのため、観光客が後ろを通る時には注意が必要。

キャスト毎に後ろを確認。

湖面に映る遊園地の景色が美しいからか?

それとも夜風が気持ちいいからか?

徐々に通行人が僕の後方で腰掛けはじめる。

「釣りにくいな~」なんて思いながらキャストしていたら


ドッカーーーン!!

バラバラバラーーー!!!

なんと遊園地の打ち上げ花火・・・・

知らなかった・・・・

釣りはあえなく終了。



丁度そこへ、Yさん登場

Yさんは、10年前に浜松でお世話になった技術者

事前に単独で夜釣りに行くことを伝えておいたら、”石松の餃子”をもって現れました。

b0165444_1515856.jpg


b0165444_14594093.jpg


さすが食通!うまい店を知ってます!

僕ひとりで全部食べてしまいました~!

ご馳走様でした!

しばし、昔話に花が咲き・・・、夜10時Yさんは帰宅

もう一回、寝る前にポッパってみるかと思い、タックルをもって湖畔へ

キャスティングが・・、うまく飛んでいかない。

しかもフラフラして足元がおぼつかない。

ちょっと餃子がおいしくて飲みすぎたみたい・・・

残念ながら本日の釣りは完全終了。

釣りに行く時は、花火のスケジュールも調べとかないと駄目ですね~
[PR]
by kimamanaff | 2009-08-29 15:22 | flyfishing | Comments(0)

涼しい..

昨日は久しぶりに渓流へ出かけた。

長雨のあと渓流へ出かけていないので、どんな渓相になっているのか不安もある中の釣行


渓流に入る前に早めの昼食

「そらのあお」で大盛りそば¥700をいただきます。

この皿を2枚が大盛り、2枚食べるとかなりの満腹感です。

辛味大根の辛味がいつもに増して辛いがとても爽やか!うまい!!

b0165444_97723.jpg



入渓地点に車を停めると、「バチンッ!バチンッ!」と車に群がるアブの大群

この渓はアブが多いので、車を停めたらアブが群がってくる前に車を降りて、車を離れなければ大変なことになってしまいます。

再び車を走らせ一旦入渓地点を離れ、再び入渓地点に戻り、車からタックルを素早く降ろして車を離脱

これでOK!アブとおさらばです!


川の様子は、長雨の前と比べると若干水量も少なめ

しかし、岩陰の小さなポイントからは、イワナがポツポツ反応してくれます。

b0165444_918690.jpg



天気はピーカン、イブニングまでは”軽く涼む”くらいの気持ちで釣りあがります。

いくつかのポイントを釣りあがったところで、イワナの好みそうな落ち込みを発見!

すかさず大き目のカディスをキャストすると「バコッ!」

ロッドをぐいぐい絞り込むパワーにロッドはバットから曲げこまれ

これは!?

と思った瞬間、ブチッ!!

切れた・・・

また、やっちゃいました~  反省



夕刻迫り、イブニング待ち。

日が傾き、一気に気温も下がります。

「涼しい」を通りこして「ちょっと寒い!」といった感じ

イブニングにラストチャンスを期待しますが、残念ながらライズは散発で終了

帰りの車中から見えた路側気温計は「19℃」

寒いわけです。

釣果もちょっと寒い結果に終わりましたが、久々の渓流と蕎麦で満足~
[PR]
by kimamanaff | 2009-08-27 09:45 | flyfishing | Comments(0)

大潮の後に..

先日18日に続き、性懲りもなく再び浜名湖にI川さんと釣行。

早朝5時フィッシング沖を出船

b0165444_8401481.jpg


前回と比べると水の透明度はいい、なんだか”いい釣り”になりそうな予感が。


今回は、今まで素通りしていたポイントから流ししてみます。

すると10分くらいしたところで、僕のロッドに魚の反応が。

ロッドが絞り込まれ、魚の重さを感じたとたん

外れてしまった・・・

でも、今日は早々に魚の反応があるし、調子がいいかも?

「なんだか釣れそうな気がする~♪」

なんてテンションで釣りを続けていると、今度はI川さんのロッドにグググッ!

ランディングをサポートしようとネットを・・・・

ネットはどこじゃ?

ネットがない!

また、積み忘れ~

仕方ないので、慎重にピックアップ

30センチほどのクロダイをキャッチ!

I川さん、さすが~!!



場所を替え湖内を移動しますが、今日はとてつもなく風が強い

徐々に白波も立ち始め、立ってキャストするのも難しいほど。

時折押し寄せる大波が来ようものなら、ボートから落ちそうになります。

徐々にいや~な予感が・・・



その後も湖内を点々とポッパーを引いてみては魚の反応を確認しますが、反応がない。

風裏はないものかと思っていた矢先、ひとりのフライマンに遭遇

情報交換すると、風裏と思われる場所も風が強く、こっちに移動してきたのだと。

沖を走るヨットやウインドサーフィンに目をやると恐ろしく速いスピードで疾走している。

いよいよ、マジで今日の釣りがやばくなってきた・・・。


今日は満潮が9時半、午後15時までは下げ潮、いくつかポイントを探りますが、全く駄目

下げ潮はやはり良くないのか?


夕方の潮どまりまで各ポイントを点々と探ってみても、なんもなし。

ラストチャンスをどこにするか?

数少ない経験の中から実績のあるポイントへ行って見る事に


その場所は、風も波も穏やか

今日一日釣りまわって来たポイントとは異なる環境

日も傾きかけ、プライムタイムの始まりかと思わせるその雰囲気に

「なんだか釣れそうな気がする~♪」とテンション回復

数投目、僕のフライにバシャーッと大きなチェイス

しかし、フッキングに至らず・・

それから数投目、またもや僕のフライに魚の反応、そしてロッドが大きく曲がった瞬間

”すう~っ”とテンションを失ったロッドは復元

何、はずれた?

いや、フライがない・・・

牡蠣棚の周りを流した際にリーダーが牡蠣がらに擦れていたようで、痛恨のラインブレイク

「なにやっとんの~!」とI川さんから突っ込みを入れられ凹気味


そんな時、「キター!」ってI川さんのロッドが曲がっている!

はい2枚目!

ええーっ!?

2回のあたりで2本釣ってしまった。更に凹・・・

いよいよやばくなってきた。

ここで釣れなかったら最悪の一日になりそう。

全神経を集中して、再びキャスト!

”ボコッ!”鈍い音とともにフライは吸い込まれ、ロッドが絞り込まれる!

今度はガッチリ掛かった!

慎重にやり取りしたあとにI川さんにランディングをお願いして、取り込みに成功!

「やった~!」

二人揃ってのクロダイに大満足!

その後もI川さんが1枚追加して3枚、僕が1枚追加して2枚で終了

今日は全部クロダイ!

b0165444_1003658.jpg




やっぱり、”大潮の後”はいいみたい~

b0165444_105145.jpg

[PR]
by kimamanaff | 2009-08-24 10:21 | flyfishing | Comments(0)

水と風..

この1週間ほど浜名湖ではスローな状況が続いているようですが、16日にいい釣りをした方もいると聞くと、やっぱり行ってみなきゃ!

ってことで、昨日は、I川さんと浜名湖へ

早朝3時、名古屋を出発し浜名湖へと向かいます。

4時前に浜松西インターに到着し、いつものマックで時間調整

4時半になってもあたりは真っ暗、空はどんよりと厚い雲。ううーん↑、いい感じ!

さて、朝一はどこを流すか?

二人で相談した結果、棚狙い。

下げ潮の始まりから2時間弱、実績ある牡蠣棚を流しますが反応がない・・

午前7時、事前に情報を仕入れていた沖合いのシーバスポイントへ移動

b0165444_10472189.jpg

↑くれぐれもこの格好でコンビニに行くのは避けましょう!


今度はボイルを探すのですが、数箇所小移動してはあたりを見回すも・・・

何も見当たらず。

徐々に日差しもきつくなり、少々バテ気味。

今日は、前回来たときより”濁り”が強く、魚が表層のポッパーに気づかないんじゃないかと思えて仕方ない。

透明度は1m程度。やっぱりこれが原因か?

もう少し、水通しのいい場所へ移動し、干潮の潮どまりにチャンスを期待しますが、今度は”強風”がビュービュー!

牡蠣棚を狙ってみるものの、牡蠣棚の中にうまくキャストすることができず、棚掛かりの連発・・・


こんな時は、昼寝&潮干狩りで気分転換!

b0165444_10513573.jpg


「空が青いな~」なんて思いながら、ひととき夢の中へ・・・



休憩バッチリ!

さて、夕方のワンチャンスに行くか!と支度を整え舟を走らせますが、強風が収まらず・・・。

残念ながら、本日は魚の反応も見ることなく終了となりました。



帰りにフィッシング沖の店長さんにお話を聞かせていただきましたが、僕らがやってた場所で他のお客さんが

45センチのクロダイ釣ったそうで・・・


さらに凹むお話、ありがとうございました~

船頭をお勤めいただいたI川さん、またリベンジに行きましょうね。どうも一日お世話になりました!
[PR]
by kimamanaff | 2009-08-19 10:57 | Comments(0)

笑わないでね..

前回の釣行では、バイトの数はかなりあったものの、フッキングになかなか持ち込めなかった。

何が悪いのか、どうしたらフッキング率をあげられるのか?

理由を考えるとキリがない。

今日もあーだ、こーだと試行錯誤して、”へんてこ”と言われそうなものができてしまった~

b0165444_2137216.jpg


結果が楽しみ!
[PR]
by kimamanaff | 2009-08-12 21:52 | flyfishing | Comments(0)

街で見かけた気になるもの..

安ッ!!

b0165444_23212976.jpg


一回行ってみるか?
[PR]
by kimamanaff | 2009-08-10 23:22 | etc・・ | Comments(0)

クロダイ..

b0165444_6425515.jpg


いよいよ、浜名湖に長雨の影響が出できたようで、どこのポイントもにごりが混じっているようです。

こんな状況の中、潮を読み、風を読み、あちらこちらと舟を走らせ、”ここは”というポイントを探る。

そんなことができるのも、長年浜名湖に通い続けて浜名湖に精通しているS木さんのできる技。

朝一で入ったポイントからは、黒鯛が果敢にアタックしてくるものの、なかなかフッキングに至らない・・

場所を次々と移動して、”実績ある”ポイントを探りますが・・

どうもイマイチ反応が良くない。


やはり濁りの影響が強すぎるのか?

そんな中、”とあるポイント”に入ってみると・・・

フライを追いかけてくる魚影。

水深・流れ・風が微妙にはまった瞬間

b0165444_638998.jpg


ようやくフッキングした、小ぶりながらも”黒大”いや”黒鯛”

その後もこのポイント周辺では魚っ気が感じられます。

静かに、静かに、雰囲気のあるポイントに近づき、キャスト&キャスト!

海の釣りでここまで静かに忍び寄る必要があるのか?

というほど、静かにポイントに近づきます。

静かに近づいていくほどに高まる期待感。


あのあたりなら出そうだな~?というところにS木さんのフライが入った瞬間

ドッッシャヤーッッーーーー!

と出たかと思ったら、ギリギリギリギリーーーとロッドを絞り込む音・・

そして次の瞬間、”ヤツ”は思い切り方向転換

そして・・・

ぶちっ!

0Xのリーダーって切れる?

それも黒鯛で・・・

しばらく二人とも途方に暮れ、唖然。

しかし、こうしてもいられない、日暮れまでのラストチャンスをものにしようとポイントを移動

風がやみ、いい雰囲気になってきたところで、またまたS木さんのフライを追いかけてくる魚影

フライの後方でモワッ!としているが、なかなかフライをくわえきれない。

夕方になり上げ潮の影響で、流れが速くなっているせいで黒鯛がフライの流れる速度に追いつかないのです。

そうこうしていると、300mほど離れたポイントを狙っていたO田さんとM山さんと舟から「あーーっ!」と奇声があがります。

あちらもどうやら、大物をバラした様子・・・

夕方のこの活性をものにしようと、キャスト続けましたが残念ながら、タイムアップ!

相次ぐ大物のバラシが、悔いの残る結果となりましたが、0xを切っていった”ヤツ”はでかかったですね~


今回、ご一緒いただいたS木さん、O田さん、M山さん、一日お疲れさまでした!

今度は、あのクラスを絶対ランディングしましょうね!!

僕も完全に浜名湖の魅力に”浜って”しまったようです~
[PR]
by kimamanaff | 2009-08-07 06:49 | flyfishing | Comments(2)