僕が歩いた道の途中、見たまま、感じたままの綴帳です。


by kimamanaff

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
鈴木寿のブログ ただの毎日
魚食の日々
the stream o...
Flyfish*ist
vwbusで行く、、、
四十路ミセスの自転車疾風録
ギフの山猿「フライ日記」
River Deep、M...
鈴木寿のブログ フライ...
さすらいの釣り馬鹿
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
南の島のてげてげらいふ
四季の釣れ連れに!
豪州毛鉤釣師 
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
maple forest
ボウズの極意
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
Zo’s blog
いつかの少年
フライフィッシングをやっ...

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
more...

タグ

(80)
(69)
(60)
(48)
(48)
(47)
(35)
(30)
(28)
(26)
(24)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(17)
(16)
(15)
(15)

ファン

ブログパーツ

画像一覧

長良川の春

朝6時半、夜明け前の長良川川原に到着すると、既に数十台の車が駐車していて、その傍らで暖を取るための焚き火が炊かれている。

焚き火のまわりには、解禁を待ち望みにしていた面々の顔。

僕は車を端のほうにとめ、上着を着こんで焚き火の輪に加わった。

十人ほどが焚き火を中心に円陣をくみ、思い思いの話題で盛り上がっている。

一方、その傍らでは2013年の初釣りの支度を始める人たちが、車のラゲッジルームからレイヤードシステムとクロロプレーン製のウェーダーを取り出し、完璧な防寒対策で武装を固めている。

僕は、キーンと冷たい空気の中、パチパチと燃える焚き火に時々薪をくべながら、久しぶりに再会した長良川フリークの皆さんと談笑を続けた。

時刻は7時前、周りはみるみる白み始め、2013年の長良川は解禁した・・。

b0165444_231613.jpg


新年あけましておめでとうございます。








こんな感じで始まった2013年の渓流シーズンですが、いつもの長良川解禁の名物”雪景色”がないのは少し寂しい気もしますが、川を流れる水の色、量とも完璧!

すばらしい解禁日のロケーションになりました。

b0165444_1095215.jpg




明るくなってくると、釣りの準備が整ったフライフィッシャーから順々に川面に立ち、ライズの発生を監視する視線。

さて、いつライズが始まるのか面々の目は、セキュリティーセンサーのように広角、ズームを繰り返しながら川面の監視を続けます。

時刻は10時を回ったあたりで、ライズが発生

5分間ほどのショートタイムにエキスパートの面々が挑みますが、ライズをキャッチすることは出来ません。

エキスパートでも微妙に届くか、届かないかの距離でライズを繰り返した5分間

しばらく沈黙の時間が続きます。





しばらくして、今度は先ほどより少し近い場所でのライズ!

今度はライズにフライを送り込むことが出来、見事に今年のファーストフィッシュをキャッチしたM川さん。

b0165444_10292892.jpg


さすがM川名人、おめでとうございます。



初物をキャッチして、肩の荷がおりたと言うM川さんが僕に場所を譲ってくれました。

さて、次は自分とばかり再びライズの発生を待つのですが・・、

待てど暮らせど水面はシーン!

なんだかマズイ流れ??




場所を移動して、皆さんの釣りの様子をしばし観察

午後になってから水温があがってきたのか、広い範囲でライズが発生するようになりました。

しかし、その距離はまたしてもディープウェーディングして届くか届かないかの位置。

少しでも近づきたいと、一歩前へ、そしてまた一歩と前へ行くごとにフィッシングベストは水浸し。

当然、水面に入るほどフライキャスティングの難度は格段にあがります。



そんな中、僕の位置から狙えるポイントでライズ発生。

深くウェーディングした位置からややダウンクロスにフライをプレゼンテーションし、ラインの形を整えてフィーディングレーンに流れていくと・・・

フライは、スーッと水面に吸い込まれました。

小気味良く曲がるロッド。

ようやく僕の2013年が解禁しました!

b0165444_10492365.jpg





その後、冷えた体を温かいとん汁であたため、休憩。

結局、いくつかの魚をキャッチしてはバラシの繰り返しでしたが、とてもスリリングな時間が楽しかったですね~。

今年も無事川に立てたことに感謝して、解禁日は終焉を迎えたのでした。

b0165444_10572073.jpg

[PR]
by kimamanaff | 2013-02-02 02:10 | flyfishing | Comments(4)
Commented by BPE-3000R-SI at 2013-02-03 22:04
少ないチャンスをものにする所はさすがですね
Commented by kimamanaff at 2013-02-03 22:26
BPE-3000R-SIさん、お疲れ様でした!
厳しい距離にショートバイトでなかなか難しかったですね~
僕の3つの釣果は運が良かっただけですから、また行きましょう〜(^^)
Commented by ツインズパパ at 2013-02-04 20:25 x
土曜日に練習会の場所に行きましたがライズもなくとっても静かでした・・・
金曜日に降った雨の影響なのでしょうか??
僕もいつか綺麗なループで釣ってみたいですね。
Commented by kimamanaff at 2013-02-04 20:40
ツインズパパさん、コメントありがとうございます!
土曜日は増水でライズも超散発だったようですね〜
しかし、その状況で2本もキャッチは素晴らしいです!
練習会の成果が少しでもお役に立っていたら嬉しいデスね~
また、是非練習会でお会いしましょう!